2013年9月16日月曜日

大人の塗り絵のストレス軽減効果と色を塗ることと感情の関係などについて


100円均一で大人用塗り絵というのを見つけた。

ストレスの多い人用とか、少ない人用などが置いてあり、

どれも名画が下絵になっているようだった。

これに色を塗ることが、どんな意味があるのか気になったので、

詳しく調べてみることにした。



塗り絵の様々な効果


最近、塗り絵をすることで、ストレス発散やリラックス効果、

集中力が高まり、脳が活性化することが分かってきたらしい。

塗り絵をすると、実は色々な事を考えることになる。

絵の色や形を記憶すると側頭葉が働き、


色を塗る順番や場所を考えると前頭葉連合野が働き、

実際に色を塗ると、前頭葉の運動野が働く。

このように連続して様々な脳の箇所を刺激することで、

脳が活性化し、脳の老化防止にもなる。


さらに、塗り絵に没頭して無心になり、

仕上がりが楽しみになったり、

ワクワクしたりして、

気晴らしや、現在の抱えている問題などから逃避でき、

心がリフレッシュできる。

それがストレスにはとても良いのだそうだ。


ちなみに、ストレスの多い人用の塗り絵は、

塗り絵の難易度が低く、簡単に塗っていけるので、

すぐにストレスから解放されるようになっていて、

逆にストレスの低い人ようの塗り絵は、

難易度が高く、考えなければならないようになっていて、

脳の活性化や完成した時の達成感や、

満足感が得られるようになっているという。





ストレス軽減は好きな色を塗るだけでもできる


この塗り絵のことを調べていて分かった事だが、

人が好きな色を塗るとき、色とその人の感情はリンクしていて、

塗った色に感情が現れているらしい。

これは心の中の感情を吐き出すことと同じことのようで、

例えば、嫌な事があってモヤモヤしている時、

画用紙などに好きな色で好きな絵や言葉、

文章などを描いたりすると、

その嫌な感情をその描いた色に吐き出すことができて、

だんだんスッキリしてくるのだという。

描いているうちに、初めは暗い色ばかり使っていたのが、

次第にカラフルな色を使うようになって、

描く絵や内容も前向きなものになっていく。

この色を塗って感情を出し、スッキリする効果が、

実際にあらわれている人達がいる。

それは画家で、

画家は長生きすると言われているらしい。

その理由は、画家は絵を描くことで、言葉に出来ない気持ちを、

色で表現しているので、それによって癒され、

心がその度に再生しているからだそうだ。



まあ、塗り絵によるセラピー効果も、

塗り絵が好きでないと得られないだろうと思う。

名画の複雑な色分けをしながら、

こつこつと塗り進めていくのだから、

その作業が逆にストレスになる人もいるかもしれない。

そんな人は無地のキャンパスノートと、

色鉛筆なんかをかって、

好きな色で好きなものを描けばいいということだ。

俺も今度ストレスが溜まって苦しくなったら、

そっちのほうを試してみようと思っている。

スポンサードリンク

3 件のコメント:

gabriel ガブリエル さんのコメント...

100均で大人の塗り絵って売っているんですね
ストレス解消になるなら、
試してきたいですね

今度、100均に行ったら探してみます

ランスロット さんのコメント...

おはようございます。

塗り絵に、こんな効果があるとは、
初めて知りました。

確かに色によっては、
リラックス効果とか聞きますしね。

でも、塗り絵なんて、小学生以来
やったことないですねぇ。

伊達嫁子 さんのコメント...

ガブリエルさんこんばんは。
100均に置いてあるストレスの多い人用のやつは、ちょっと過激な絵でしたね(笑)今度良かったら探してみてください。


ランスロットさんこんばんは。
最近俺はスケッチブックにクレヨンで好きに絵をかいてみています。確かにスッキリしてると思いますよ(^^)